映画同好会

映画同好会

映画同好会:キングコング~髑髏島の巨神~

    

お疲れ様です、鈴木(昌)です。 3/25(土)に「キングコング~髑髏島の巨神~」を鑑賞しにいきました。 当日、私の見積もりが甘く想定よりも大勢の人がいましたが、なんとか全員分のチケットを購入することができました。 映画のジャンルはアクションでセリフ量も多くなくとても見やすかったです。 時代背景は1973年のベトナム戦争が終結を迎える時、秘密研究機関モナークは未開拓の島(スカル・アイランド)に調査隊を派遣するところか始まります。 しかしそこは巨大な生物たちが跋扈する危険地帯でした。そこに突如現れる島の守護神キングコング。調査隊は島から無事に脱出することができるのか!? という分かりやすいストーリーです。      



私的には2005年版のキングコングより良く、面白かったです。 (私がこういうジャンルが好きというのもありますが) 島に到着した際にコングの襲撃を受け、パーティーは二手に分かれます。 島の原住民と合流し、そこに住む人々がコングと接して、どのように生きているのかに触れる一般組と、 調査部隊として雇われ、部下をコングによってほぼ壊滅させられた軍人のリーダー組です。
共に時を過ごし、コングを守護神として崇めることを知る一般組と、 コングを殺すことで無念を晴らしたい軍人組とで対照的な二組の視点で物語が進むのが良かったです。
特に心に残ったのは、一般組が原住民と接触し、迎え入れられるシーンで言葉を交わさず、目で互いに想いを伝えるシーンがありました。 物語の終盤、ヒロインであるカメラマンの女性がコングに手が届く距離で触れ合うシーンがあります。 そこが物語のキーポイントとなっており、ラストシーンでグッとくる演出になったのが良いと思います。 映画自体は良かったのですが、集まる場所や時間帯、席の確保の仕方など色々と反省する点がありましたので 次回はこちらをより改善できるようにしていきます。

映画館 新宿 バルト9
    〒160-0022
        東京都新宿区新宿3丁目1-26
        新宿三丁目イーストビル9階

イベントTOP

pagetop